社内専用SNSを活用すべき理由とは

社内専用SNSのための総合情報サイト

今話題の社内専用SNSとはどんなものか

社内専用SNSを導入する最大のメリットは、社内交流の活性化にあると言われています。 ある意味外界から閉じられた社内専用SNSが、どうして社内交流を活性化させるのでしょうか。 社内専用SNSの驚くべき社内交流活性化効果について見ていきたいと思います。

社内交流活性化ツールとしてのSNS

皆さんは、どのようなSNSを使っていますか?
今の時代、TwitterやInstagram、LINEといったSNSの利用が一般的になっており、企業側もこれらを使った広報やブランディングに余念がありません。
そんな中、最近では社内専用SNSを使う企業が増えてきました。
一体、社内専用SNSとはどのようなものなのでしょうか?

社内専用SNSとは、一般的なSNSとは違い、社員のみに共有される言わば閉ざされた環境のSNSです。
昔は会社専用の回線でしか閲覧や書き込みができないものが多かったのですが、最近はインターネットを経由したり、スマートフォンのアプリを使ってアクセスするものも増えてきています。

特に若い社員は、SNSでのコミュニケーションが一般的になっており、従来型の電話やメールによるコミュニケーションが難しくなっています。
そんな中、社内での連絡をSNSで行うところも増えたのですが、ビジネスの場で、SNSの個人アカウントの利用をためらう人がいるのも事実です。
実際、SNSに詳しい世代は、個人アカウントとビジネスアカウントを切り替え、発信する内容も変えたりしているようです。
であれば、会社としてビジネス用のSNSを導入し、社員の負担を減らそうというのはある意味自然な流れと言えます。

では、実際に社内専用SNSを使うことで、どのようなメリットが考えられるのでしょうか。
3つのポイントに分けて考えていきたいと思います。

情報分析ツールとしてのSNS

社内専用SNSは、当然会社のシステムとして運用するわけですから、システム側には大量のログが残ります。 実は、このログを解析することで、社内の動きを分析することができるのです。 今の時代だからこそできる、新しい情報分析の仕組みを見ていきましょう。

セキュリティ確保策としてのSNS

社内専用SNSは、社外とある程度は切り離された環境で運用されるので、特にセキュリティ対策を要する事項について情報を共有するのには格好の場となります。 情報社会だからこそ気をつけなければならないセキュリティの確保と、社内専用SNSの関係について見ていきましょう。